Pythonのif文で複数条件を書いてみる。

Python
Sponsored Link

if文は、pythonでプログラムを書くときに使いこなせると便利ですよね。

このif文、構造自体はそれほど難しくないのですが、作るときの論理を理解するのが意外と難しいのです。

そこで、実際にif文を書いてみてた結果とを書いてみましょう。

プログラミングを勉強したい!! プログラミングに興味がある!!
そんなあなたへのおすすめ記事
無料体験あり、キャッシュバック有りプログラミングスクールおすすめはこちら

 

if文の基本を書いてみる

まず、数学のテストの点数が合格か不合格かを判定するプログラムを、書いてみます。

数学 = int(input("点数を入力してください: "))# ユーザーに整数で点数の入力を促す。

if 数学 >= 60: # もし入力が60点以上の場合
    print("試験に合格です。おめでとう") # 左のコメントが表示される。
    
if 数学 < 60: # もし入力が60点未満の場合
    print("不合格です。もう少し勉強してください。") # 左のコメントが表示される。

点数を入力してください: 70 # 70が入力されたので、下記のコメントが表示される。
試験に合格です。おめでとう

入力が70点だったので、「試験に合格です。おめでとう」というコメントが表示され、入力された点数が60点未満の場合は「不合格です」というコメントが出ます。

でもif文を二つ重ねるよりも、else を使うことでもう少し簡潔にプログラムをかけます。

if文でelseを使う

では先に出てきた、ifを2回使ったプログラムを、elseを使ってもっと簡潔に書いてみましょう。

数学 = int(input("点数を入力してください: ")) # ユーザーに整数で点数の入力を促す。

if 数学 >= 60: # もし入力が60点以上の場合
    print("試験に合格です。おめでとう") # 左のコメントが表示されます。

else: #その他(つまり60点未満の場合)
    print("不合格です。もう少し勉強してください。") #左のコメントが表示されます。

点数を入力してください: 70 # 70が入力されたので、下記のコメントが表示される。
試験に合格です。おめでとう

このプログラムで、入力が60点以上の場合「試験に合格です」とコメントが出、60点未満は「不合格」というコメントが出るようelseで振り分けています。

しかし、これでは不十分なんですよね。

そう入力する数の範囲を絞ってあげないと、このプログラムは使えません。

つまり、このプログラムに100点を超えた値を入力しても「合格」。

そしてマイナスの値を入力しても「不合格」が出てしまうんですね。

試験の点数では通常100点以上の点数とマイナスの点数は出ませんよね。

そこで、100点以上やマイナスの点数が入力された場合「不正な数の入力です」というコメントが出るように条件をさらに付けくわえます。

つまり条件分岐が3になるので、if、 else、 elif、を使う必要があります。

if、else、elifを使う

では100点以上やマイナスの数が入力されると「不正な数の入力です」とコメントが出るようにします。

数学 = int(input("点数を入力してください: ")) # ユーザーに整数で点数の入力を促す。
if 数学 > 100 or 数学 < 0: # 入力が100点以上またはマイナスの場合
    print("不正な数の入力です") # 「不正な入力です」とコメントを出す。
elif 数学 >= 60: # その他もし入力が60点以上の場合。
    print("試験に合格です。おめでとう。") # 左のコメントが表示されます。
else: # その他、つまり60点未満の場合
    print("不合格です。もう少し勉強してください。") # 左のコメントが表示されます。

点数を入力してください: 200 # 入力が200だったので、下記のコメントが表示されます。
不正な数の入力です

まずプログラムの2行目で、どのような数を入れれば「不正な数の入力です」とコメントされるのかを定義します。

つまり「数学>100」そして「数学<0」の場合「不正な入力です」とコメントが出るようにします。

そしてelifを使って 60以上で合格、elseを使って60未満は不合格を表示します。

if、elif、else を使った正負判定プログラム

ではちょっと練習でプログラムを書いてみましょう。

if、elif、elseを使って正負判定のプログラムを書いてみます。

入力した値が「正の数」か「負の数」かを判定し、0の場合は「0です」とコメントするようにします。

 = int(input("値を入力してください: "))# ユーザーに数の入力を促す。
if  < 0: # もし数が0未満の場合
    print("負の値") #左のコメントを表示
elif  > 0: # もし数が0超過の場合
    print("正の値") # 左のコメントを表示
else: # それ以外、つまり0の場合。
    print("0です。") # 左のコメントを表示

値を入力してください: 0 #入力が0なので、下記のコメントを表示。
0です。

以上if文を使ったプログラムを書いてみました。

プログラミングを勉強したい!! プログラミングに興味がある!!
そんなあなたへのおすすめ記事
無料体験あり、キャッシュバック有りプログラミングスクールおすすめはこちら

 

関連記事

Python:変数(variable)についてまとめてみたよ
Python にかかわらず、プログラミング用語はよくわからないのが多いですが、よく出てくる変数(variable)もその一つですよね。 変数(variable) は、Python を勉強している初心者がおそらく必ず戸惑うところだと思い...
Pythonで行う四則演算とそれらを使った応用編
四則演算つまり、足し算、引き算、掛け算、割り算のやり方と、メモ書きとして使えるコメントアウトのやり方について書いてみました。四則演算自体はそれほど難しくないので簡単に覚えられます。では早速やってみましょう。四則演算四...
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました